長引く身体の不調やお悩みのご相談はホリスティックサロンPoliafuへ
男性もOK!完全プライベート空間

090-2446-5447

営業時間/11:00~21:00
(定休日/月曜日)

WEB予約はこちら

メニュー

✻自然療法Q&A

2017年12月9日 | ✻自然療法Q&A

良いものを知ることと見極める力

 

おはようございます!

ホリスティックサロン・ポリアフ

咲東 ゆき です

 

 

気持ちいい~朝ですね!

真っ白な富士山とお月さまを見ながら

ブログを書いています

 

 

プロデュースさせていただいている

クライアントさまから

よくいただく質問

 

なぜ?

その時によって生薬の香りや型など

状態が違うんですか?

 

それは

自然界の植物だからです!

 

 

生薬は、自然界の樹皮・葉・花びら・根

を乾燥させたものです。

乾燥させることで効能をさらにギュ~と

高める万能な植物ですが

 

その時の、土壌の状態・気候・生産地など

自然界の状態で生薬のできも変わってきます。

 

言葉を変えると

常に一定で同じ型・同じ色・同じ香りのものは

不自然ではありませんか?

 

 

生産を安定させるために

人工的に作り上げられた物も少なくありません。

 

人工的に作られた物・土壌の良くない場の物

そこには、人を元氣にするだけの

エネルギーは存在していないんです

 

wpid-20171209094341.jpg

↑  ↑  ↑

だから買付けは真剣です!

 

 

精油も同じです。精油のクオリティー

良いものを知ることはとても大切なこと。

 

同じ植物でも

例えば・・ラヴェンダーでも産地が違えば

香りも波動も違う精油になります。

 

 

 

精油も生薬も ”ワイン” に似ている!

といつもお伝えしています。

 

1本1000円のワインもあれば

1本10万円のワインもありますが

 

一度、

口当たりの良いワインを知ってしまうと

もう後戻りはできませんよね(笑)

 

IMG_9698.JPG

↑  ↑  ↑

見極めるために買付けに行きます

 

 

IMG_9951.JPG

↑  ↑  ↑

ハーブさんも同じことですね

 

 

良いものを知ることで

「天然」とうたっているけれど

「不自然に整った香りがするな~」

「合成物が含まれてるな~」

と識別することができるのです。

 

 

エッセンシャルオイルは

たくさんの化学成分の構成により

出来上がっているので、どれも

「個性的で自己主張の強い主役」の香りがして

ブレンドするのは、バランスがとりにくい。

 

wpid-20171209093148.jpg

↑   ↑   ↑

よく使用する精油さんたち

 

 

生薬も精油もバランスを考えて

どう?ブレンドするか?がいちばん

エネルギーを使い困難なところではありますが

 

1つの「もの」が出来上がったときの

喜びはとても大きい~~のです

 

 

何でもそうですが

「良いものを知ること・見極める力」

を養うことは大切ですよね

 

 

本日も。

皆さまの素敵な1日となりますよう

お祈り申し上げます。

 

愛と光を込めて・・・・

 

IMG_1819.JPG

 ホリスティクサロン・ポリアフ

TEL:090-2446-5447

咲東 ゆき

 

薬膳プロデュース事業・講座・波動の調整

 

 

 

 

 

2015年11月25日 | ✻自然療法Q&A

片頭痛を改善するために

 

こんばんは!

ホリスティックサロン・ポリアフ

咲東 ゆき です ♫

 

カテゴリー「自然療法Q&A」では

ご相談いただいた内容をもとに

お薬に頼らず症状を改善する方法を

ご紹介しております

ご自身や大切な人のためにご活用ください ♪

 

Q 長年、片頭痛に悩まされています

  薬は良くないと分かっていても

  痛みが辛くつい薬に頼ってしまいます

 

A まず、原因を突き止めましょう

 

 

片頭痛の原因は

頭の中の血管が過剰に拡張することで起こります

その原因は人それぞれです

 

原因を突き止めるために片頭痛を起こす

要因をいくつかご紹介します

 

① 鎮痛剤の副作用

鎮痛剤を長いこと服用していると

リバウンド頭痛といって片頭痛の頻度が高くなり

痛みが強くなります

ビタミン剤を過剰摂取した場合も同じです

 

② 食物アレルギー

牛乳・小麦・卵・柑橘系の果物など

片頭痛を誘発しやすい食品があります

 

③ 食品中の「アミン」

ワイン。とくに赤ワインに多く含まれており

飲むと頭が痛くなるという方は、そもそも

アミンを分解する酵素が少ないため痛くなります

チョコレートやチーズなどと一緒に摂取すると

さらに片頭痛を引き起こします

(おつまみの組み合わせとしては最高なんだけど)

 

④ ホルモンの変化

たとえば月経・排卵など、女性はホルモンに

翻弄されます

月経痛を抑えるためにお薬を飲む

生理不順で排卵誘発剤を注射する

ピルを長い間服用する

など、ホルモンの乱れが原因で片頭痛を

誘発することがあります

 

その他・・

⑤ 悪い姿勢・身体の歪み・噛み合わせが悪い

⑥ 天候の変化・気圧の変化

⑦ まぶしさ・眼精疲労

⑧ 極度の緊張・疲労

などなど

 

頭痛の頻度を減らし改善するためには

要因を特定して避けることが重要です!

 

特定するためにメモをとることをお勧めします

どんな時に、片頭痛が起きるのか?

食べた物・状況などをメモすると

原因が見えてきます

 

飲食物が原因であれば避ければ改善しますし

鎮痛剤を止めて改善された方もいらっしゃいます

緊張性片頭痛であれば、ラベンダーを数滴

こめかみにつけたり、アロマバスで緊張をほぐす

太陽の眩しさが原因であれば避ける!

 

なかには「場」の波動の影響を受けて

長年悩まされていた方もいらっしゃいました

 

片頭痛がひどくて寝込んでしまうという方も

いらっしゃいます。お辛いですね

ですが、まずはご自身と向き合い

どんな時に起こるのか観察してみてください

やみくもにお薬に頼っていても症状は悪化するばかり

答えはみえてきませんから

 

ご自身ではどうにもできないこと。例えば

・姿勢が悪い、身体が歪んでいる

・噛み合わせが悪い

・ホルモンバランスの乱れ

・「場」の波動の影響を受けている

などは

量子セラピーで改善が期待できます

 

お気軽にご相談ください

→ 量子セラピー

 

薬膳療法で改善されたい方

→ フードセラピー

あなたを波動で観察しながら

食療法のアドバイスをいたします

 

頭痛の原因は、頭ではなく下半身。

とくに腸が原因のことも多いんです

銭湯で身体さんを温めるのもいいですよ

 

IMG_0181.JPG

ホリスティッツクサロン・ポリアフ

TEL:090-2446-5447

咲東 ゆき

 

不妊・生理痛・生理不順・冷えの改善

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年11月12日 | ✻自然療法Q&A

膀胱炎になってしまったら

 

おはようございます!

ホリスティックサロン・ポリアフ

咲東 ゆき です ♫

 

カテゴリー「自然療法Q&A」では

ご相談いただいたメールさんをもとに

お薬に頼るのではなく自然療法で改善しよう!

と思いを込め改善法をご紹介していこうと

思います

ご自身や大切な方のためにご活用ください ♪

 

 

先日のご相談は、女性に多い膀胱炎について

 

Q.

膀胱炎になってしまいました

ほとんどトイレにいたい気分です

病院へ行っても抗生物質を出されて終わり

なので、他に方法はありますか?

 

A.

① 水分をたっぷり取りましょう

少なくとも1日に2リットルの白湯や

ハーブティーを飲みましょう

(利尿作用が高い薬膳茶もgood)

 

② お食事では

ニンニクや玉ねぎを摂取しましょう

とくにニンニクは尿路感染症を含む原因となる

微生物に対して抗菌作用があります

辛いもの・刺激の強いもの・アルコールは

治るまで控えてください

 

③ お風呂

ティートゥリーとラベンダーの精油を

合わせて8~10滴を湯船に入れて

ゆっくり半身浴しましょう

 

痛みや残尿感が消えても一週間は続けてね

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

女性が男性より膀胱炎を起こしやすいのは

尿道の長さが男性は17㎝前後ですが

女性はたったの3㎝ほどで短いからです

女性は菌が簡単に膀胱まで到達してしまうんです

 

腎臓さんで分泌される尿は

膀胱から尿道上部へとつながる尿道に

たどりつくまでは無菌ですが

菌がうじゃうじゃいる外部とつながっているので

隙があると菌が侵入してきます

 

もしも菌が尿管をさかのぼり、腎臓の入口にある

腎盂に到達したら、熱が出たり、背中やお腹が

痛んだりする「腎盂腎炎」になります

腎臓さんは命に関わる臓器ですから

膀胱炎を侮らず、きちんと予防しましょうね

 

おトイレは我慢しないこと!!

恥ずかしがったり、忙しいからと後回しせず

こまめに行きましょうね

 

慢性的に膀胱炎になる場合は

感染が原因ではなく食物アレルギーが

原因の可能性もあります

性交渉が原因の場合もあります

どんな時に膀胱炎になったのか?を

メモしておくといいですね

 

基本的には、過労や体さんを冷やすなど

免疫が弱まるとなりやすくなります

 

「腎」が弱まるこの季節はとくに

膀胱炎になりやすくなります

「腎」は水に浸っている臓器のため

冷えを嫌います

腎臓さんを強くする冬の養生が大切ですね

 

 

☆☆ 薬膳の講座 受講生さまへ ☆☆

「腎」と「膀胱」は表裏の関係です

「腎」が弱まれば膀胱にも影響がでるため

しっかり「腎」を補うことが大切です

冬の養生薬膳を思い出し献立を立てましょう

 

IMG_0234.JPG

ホリスティックサロン・ポリアフ

TEL:090-2446-5447

咲東 ゆき

 

薬膳プロデュース・薬膳講座・フードセラピー