長引く身体の不調やお悩みのご相談はホリスティックサロンPoliafuへ
男性もOK!完全プライベート空間

090-2446-5447

営業時間/11:00~21:00
(定休日/月曜日)

WEB予約はこちら

メニュー

✻薬膳レシピ

2015年10月27日 | ✻薬膳レシピ

薬膳レシピ:お肌潤う薬膳スープ

 

おはようございます!

ホリスティッツクサロン・ポリアフ

咲東 ゆき です♫

 

お肌の調子がよくない!乾燥してる!

というご相談が増えてまいりました

 

そこで、久々の薬膳レシピのご紹介です

 

ご自宅で簡単に作れる薬膳鍋

体さんの中からポカポカに!

強壮効果もあるので疲れも吹き飛びますよ♪

 

☆☆ お肌潤う薬膳スープ(2人前) ☆☆

 

【 材料 】

☆ 鶏手羽先・・・8本

☆ ヤマイモ・・・100g

☆ 朝鮮人参・・・1本

☆ なつめ・・・・6個

☆ 長ネギ・・・・1本

☆ 水菜・・・・・2/1束

☆ しょうが・・・4枚にスライス

☆ 銀耳・・・・・大1個

☆ 陳皮・・・・・少々

☆ 紅花・・・・・少々

☆ 万能ねぎ・・・少々

☆ レモン・・・・適量

☆ 塩・・・・・・適量

 

【 作り方 】

①手羽先はさっと湯通しする。

ヤマイモは1~2分間酢水につける。

銀耳は10分位水に浸し硬い部分は取る。

②鍋に水・朝鮮人参・なつめ・陳皮・しょうがを

入れて強火にかける。

ひと煮立ちしたら鶏手羽先、長ネギを入れて

蓋をする。

20分位煮込んだらヤマイモ・銀耳をいれて

ひと煮立ちさせる。

塩で味を整えて、万能ネギ・紅花を入れる。

レモンをしぼって食べる。

 

IMG_7233.JPG

(写真は紅花をふりかける前のもの)

 

鶏肉は美肌の代表的な食材です!

 

お肌を綺麗に保つためには

「血流を良くする」

「古い血・汚れた血を溶かす」

ことは基本中の基本!

なつめや紅花はぜひ入れて欲しい~

 

そして・・・レモン

薬膳の講座を受けられている方は

なぜ、レモンを添えたのか

ピン!とくるかもしれませんね♪

 

そう!

収斂固渋作用があり「酸味」がある

食材だからです

では、なぜ?

収斂固渋作用が必要かな?

なぜ「酸味」のものを選ぶ?

乾燥肌・美肌との関係は?

食材と内臓さんの働きを思い出してみてね

 

味つけは塩味だけ!

「脾」「胃」が疲れている時は

ほっとする優しい味わいです

 

乾燥肌でお悩みの方

お顔のくすみが気になる方

胃腸がお疲れ気味の方

この時期の便秘でお悩みの方

 

ぜひ!簡単にできる潤い鍋を

試してみてくださ~い ♫

 

 

大切なご家族を守るため

ご自身の体さんをいたわるため

食卓に薬膳を取り入れてみませんか?

ポリアフでは定期的に薬膳の講座

薬膳ティーセラピー を開催しています!

 

 

「薬食同源」を生活の中に!

「病は口から」

口から摂取した食物が体質を左右します

自身の健康・肌状態は自分で管理する!

そうあって欲しいな~

 

IMG_1431.JPG

ホリスティックサロン・ポリアフ

TEL:090-2446-5447

咲東 ゆき

 

薬膳プロデュース・薬膳講座・フードセラピー

 

 

 

2015年8月10日 | ✻薬膳レシピ

夏の薬膳レシピ:スイカ

 

おはようございます!

ホリスティックサロン・ポリアフ

咲東 ゆき です♫

 

厳しい夏が続いておりますが

皆さまおかわりございませんでしょうか?

 

夏は、スイカ!

そのままいただいても美味しいですが

あるものを組み合わせるだけで

立派な薬膳料理になりますよ♪

 

 

☆ ☆ 西瓜ココナッツミルク ☆ ☆

 

【 材料 】

・ スイカ → 180g

・ ココナッツミルク → 300ml

・ 蜂蜜 → 小さじ2

・ ミント

 

【 作り方 】

① スイカは皮を取り食べやすい大きさに切る

② ココナッツミルクに蜂蜜を混ぜる

③ 1に2をかけ、ミントを飾る

 

出来上がり~ ♫

 

IMG_2885.JPG

 

体の熱を取り、のどの渇きを癒し

体調を整えます

薬膳を取り入れ、暑さに負けない体作りで

夏を満喫しましょう♪

 

 

☆ ☆ 受講生さま向け解説 ☆ ☆

 

スイカは

(寒性・甘)

(心・胃・膀胱に帰経)

 

ココナッツミルクは

(平性・甘)

(心・脾に帰経)

 

この組み合わせにする理由を

考えてみましょう~~♫

 

薬膳の講座→ こちら

IMG_1431.JPG

ホリスティックサロン・ポリアフ

TEL:090-2446-5447

咲東 ゆき

 

薬膳の講座・薬膳プロデュース

 

 

 

 

 

 

2015年6月30日 | ✻薬膳レシピ

薬膳レシピ:むくみ解消

 

おはようございます!

ホリスティックサロン・ポリアフ

咲東 ゆき です♫

 

梅雨は雨が多く大地を潤します

ですが、私たちの体さんはというと

湿気が多かったり湿度がたかかったりで

字のごとく「湿」が溜まりやすい季節

 

この時期の体さんの症状として

・下半身がむくみやすい

・関節炎や皮膚炎が長期化・悪化する

・胃もたれ、食欲不振

・湿疹や蕁麻疹がでる

でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

中医学では「むくみ」も病気として

扱われています (;´・ω・)

 

そこで簡単にできる季節の養生レシピ

むくみが解消される利尿効果の高い

薬膳をご紹介したいと思います (^^♪

 

 

【 冬瓜と豚肉のスープ 】

 

【 材料 】

冬瓜  400g

トマト 1個

豚もも 100g

なつめ 4~5個

水   5カップ

醤油  大さじ1 ・  塩 少々

 

【 作り方 】

1.冬瓜は薄く皮をむき、種とワタを取り除き

ひと口大に切る。

 

2.冬瓜の皮・種・わた・半量の水と一緒に

20分位煎じる。

 

3.豚肉はひと口大に切り、醤油で下味をつける。

なつめを入れる。

 

4.2のスープに1と3の材料、半量に水を入れ

冬瓜が柔らかくなるまで煮る。

塩で味をつける。

 

出上がり~~♫

 

IMG_2796.JPG

 

冬瓜のわた・種・皮は生薬として扱われ

利尿効果をさらに高めてくれますので

捨てずに一緒に煎じて下さいね!

 

 

☆ ☆ 受講生さま向け解説 ☆ ☆

 

冬瓜は

(寒・甘味/肺・大腸・膀胱に帰経)

トマトは

(寒・甘味・酸味/肝・脾・胃に帰経)

豚肉は

(平・甘/肺・胃に帰経)

 

利尿作用により熱を取り、津液を補います

「湿」が体内にこもり「熱」がある状態が

「脾」「胃」に負担をかけるため

「寒」「甘」の食材で熱をとり「脾」を

元気にする食材を選びます

なつめを加えることでさらに「脾」の

気の流れを促進します

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

薬になる膳 = 薬膳

でココロもカラダも元気になろう♫

 

ご自身とご家族の「健康」を考えて

薬膳を取り入れてみませんか?

 

薬膳ティーセラピー→ こちら

IMG_1431.JPG

ホリスティックサロン・ポリアフ

TEL:090-2446-5447

咲東 ゆき

 

関節炎・皮膚炎・アレルギーの改善